あひるの空

舞台は荒廃したとある高校のバスケットボール部を主人公が入部することで復興するという、まぁありがちな設定で始まります。そこから部員を公正させ、部を立て直し、インターハイを目指すという大道のバスケットボール漫画です。この作品が他のバスケ漫画と一線を画すのは、「敗北」し続けるという点。バスケットボールに奇跡は起きない。これは競技者であれば周知の事柄ですが、それをリアルに表現している漫画と言えます。一人のエースが入部するだけで勝利できるわけでもなく、主人公補正で勝利できるわけでもなく、ただひたすらに報われるかわからない努力を重ね、葛藤をし、勝利を目指していく。そんな姿にある時の自分を重ね、共感していく漫画です。その心理描写がとてつもなく秀逸。”試合の日の朝は空気のにおいが違う”こんなセリフがでてきますが、確かに自分が部活をしていた時はこの”普段と違う空気のにおい”を感じていました。それが時がたつにつれて感覚を忘れつつありましたが、この漫画をよみ、当時の記憶を懐かしく思い返すことができました。そんな共感ができる漫画だけあって、作中の試合表現も実にリアルです。ルール改正があればその都度物語に組み込んでいき、あくまでもリアルをつきつめます。プレイ内容も基本的に実現不可能な動きというものは存在せず、自分が現役の時にこの作品に会っていればと思うほど参考になる物ばかりです。ぜひ今の中学、高校生にはこの作品を読んでいただきたいとおもいます。特にガードポジションの人間はゲームを展開する”思考力”が重要になりますが、それは自分一人ではなかなか身につかないもの。この作品にはお手本となる考え方、戦略が詰まっています。もしかしたらかの有名なスラムダンクを超える、平成における最高のバスケ漫画かもしれません。まだ完結を迎えてはいませんが、結末は作者により既に描写されています。ただただそこにむかって、なごりおしいですが話は続いていきます。そんな漫画は今まで存在せず、それもまたこの作品特有の面白さであると思っています。ぜひご一読ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です