ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

僕が最近観た映画はこれ!
『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(英語だと『Fantastic Beats: The Crimes of Grindelwald』)
僕はこの映画をアメリカで観ました!まずタイトルの違いにびっくりです!日本語だと黒い魔法使いの誕生という言い方をしていますが、英語バージョンではThe Crimes of Grindelwaldと言う言葉が入っています。和訳するとGrindelwald(グリンデルバルド)の罪というようになります。Grindelwaldというのはファンタスティック・ビーストを観た方なら必ず記憶に残っていると思いますが、あの俳優ジョニーデップが担っている役がGrindelwaldなのです。この映画で僕の中で面白かった場面は原作ハリーポッターシリーズで登場していた人物が若い体の状態で登場している場面です!先ずはアルバス・ダンブルドア!ハリーポッターシリーズではダンブルドアは校長先生だが今回のスピンオフ作品では講師として登場していた。次はナギニ。ナギニはハリーポッターシリーズでもヴォルデモート卿との出演が多かった大蛇のことです。今作品ではその大蛇が人間の姿をして登場しました!もう驚きです!!ナギニが女性なのはハリーポッターシリーズからヴォルテモート卿の呼び方から知っていましたが、まさか人間の姿で見られるとは思っていませんから、もう発狂ものです!!最後はニコラス・フラメルです。ピンとこない人も多いかと思いますが、ニコラス・フラメルはあの賢者の石を発明者(錬金術師)なのです!(もし思い出せない方はぜひハリーポッターと賢者の石を見てみましょう!)
今回の映画は感動というか面白かったですね!夢中になってしまいましたね!!次作が楽しみです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です