ポップな柔道漫画! 帯をギュッとね!

柔道漫画で思い出されるタイトルと言えばなんでしょう?オリンピック金メダリスト、谷(旧姓:田村)亮子のニックネームにも使われた、浦沢直樹先生の「YAWARA!」?格闘技系の漫画作家と言えば、この人の右に出る作家はいないであろう梶原一騎先生の「柔道一直線」?いえいえ!ここは河合克敏先生の「帯をギュッとね!」をチョイスしてみましょう!
簡潔に言うと、浜名湖高校に入学した主人公、粉川巧を中心に集まった5人の柔道高校生。その5人が柔道を通じて成長していく姿、最終的に全日本高校柔道選手権で優勝するまでが描かれている漫画です。
まずオススメするポイントの1つは、「作品への入り込みやすさ」です。柔道漫画というと、イメージとして地味な感覚を持つ方が多いと思います。当然柔道漫画ですので、真剣に柔道に向き合っている姿、それをよりリアルに感じられるような試合や技の描写が、この漫画の最大の特徴であることは間違いありません。しかし高校生活を舞台としており、柔道というテーマ以外にも主人公たちのやり取り、ラブコメディーの要素もふんだんに盛り込まれた、とてもポップな内容に仕上がっていますので、読み進めていくと柔道の知識に自信が無くても、作品に出てくるキャラクター達にとても愛着が湧くことでしょう。
次にオススメするポイントは「分りやすい友情・努力・勝利のジャンプ精神」です。ちなみにこの漫画は週間少年サンデーにて掲載されていた漫画ですが、「友情・努力・勝利」の精神が他のジャンプ漫画と比べても分りやすく、尚且つ感情移入がしやすい内容になっています。最初は楽しく柔道出来ればいいやと思っていたところに現れた強敵。敗れた悔しさから、絶対に勝ちたいという気持ちの芽生え。様々なつらい努力と死闘の末の勝利。感動すること必至です。
最後にこの点を忘れてはいけません、「作品外での読みどころ」。ワイド版などの再発行された単行本では見られないことがありますが、初期の単行本のカバーには必ずキャラクターの4コマ漫画が描かれています。これが無いと帯ギュ(帯をギュッとね!省略)を読んだ気がしないと言っても過言ではありません。そして巻末にある「絵筆をもってね!」という読者投稿のイラストコンテスト。デビュー前の安西信行やモリタイシなどがグランプリを獲得したり、レベルの高いイラストコンテストは見所の1つでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です